ホーム ご紹介 教室のご案内 お申し込み アクセス ブログ new! よくあるご質問
 

  プリミティブとは |自己紹介 |プリミティブのこだわり


プリミティブとは


『プリミティブ』という言葉には、
素朴・自然のまま という意味があります。



今の時代を生きている人はみんな忙しく、
日々を時間に追われるように過ごしているように感じます。

ふと考えたことはありませんか?
世の中のリズムと私のリズムは合っていないのでは…?と。



しかし忙しいと 自分の心を見つめる時間もなく、
そんなハテナも置き去りになり、、
本来の自分から遠ざかってしまいます。


本来の自分から離れている人は…

・人付き合い、人間関係がうまくいかない
・自信がもてない
・人からの目が気になる
・子育てに自信がない・不安
・夫婦・家族親族関係が不満
・毎日が楽しくない、イライラする
・すぐに気分が落ち込む
・もやもやすることがよくある
・人の発言に振り回されてしまう
・常に癒しを求めてさまよっている
・優柔不断
・将来のことが不安
・仕事がうまくいかない
・事故やケガが多い…
など。


このような、さまざまな苦しみを
いつもこころに抱えています。

そんな時…少しの時間でもいいので
自分リズムの時間を持ってみることから始めましょう。

そこから本来の自分を思い出していきましょう。
そして少しずつ。



自分の軸が強く、太くなっていきます。
そして苦しみからも離れていきます。

そうは言っても、毎日の時間は簡単に変えられません。

忙しい日々の中、そんな時間をつくれない
そもそも、自分リズムが分からない・・・
とにかく、自分ひとりではムリ!



そんなあなたと、
自分リズムの時間を持つ場所として、
リズムが整っていくのを一緒に感じながら
(自分リズムのことはお伝えしていきます)
自分の感覚を呼び覚まし、こころが輝く時間を
作っていく場所が 手こころ教室です。


教室へ通うことで自分を知り
こころが強く自由になっていくと
背負い続けてきたこころの荷物を
ふと降ろせる日がやってきます。


『自分を知る』

それは、本当の自分に気づく事から始まります。
そして、
自分の好きなところも嫌いなところも
まるごと、こころへ受け入れていきます。



…簡単なことではないのですが、
発見した自分をまるごと認めていくこと
それを知ること、受け入れることで、

・人の言葉に振り回されなくなる
・嫌な目にあっても平気でいられる
(そもそも嫌な事だとも思わなくなります)
・素の(本来の)自分が輝き始める
・もやもやせずスッキリした日々を送れる
・いろんな人間関係が楽になる
・家族との時間が楽しくなる
・インスピレーションが磨かれてくる
・自分の中から答えが見つかるようになる
・癒しを求めなくてもよくなる
・自信がついてくる
・見えない事にも感謝できるようになる
・自分は幸運だと感じるようになる…
・感情をコントロールできるようになる
・決断力がつく
・もやもやせずスッキリした日々を送れる
・いろんな人間関係が楽になる
・家族との時間が楽しくなる
・インスピレーションが磨かれてくる
・自分の中から答えが見つかるようになる
・癒しを求めなくてもよくなる
・自信がついてくる
・見えない事にも感謝できるようになる
・自分は幸運だと感じるようになる…
など。


見える世界が変わります。


自分を知ると、それだけではなく
不安や不満、悩みを解決する方法が
自分の中から見つかるようになります。


インスピレーションが正確になり
本来の自分の感覚がよみがえってきます。
(みんな元々持っている感覚です)



もう、他の人から答えをもらったり、
正解を探してさまよわなくてもいいのです。

自然な、素朴な、こころのままであること。
すべての人が、そう生きられたら…
それはとても素敵な世界だろうなとイメージが膨らみます。

プリミティブでは、このこころを一緒に学んでいます。

手こころ教室の紹介
    
上へ戻る    


自己紹介


プリミティブ画家・講師 かさしの(笠忍)です。


私は小さい頃、こころがフワフワとしていて、
イメージの世界へたびたび遊びに行っては、それをラクガキしていました。
(絵を好きなのは前世からのもののようです)



周りの人の感情にとても敏感で、
特に、嫌な思いをしている人の感情を感じ取り、
そんな気持ちにならずにしてあげるには どうしたらいいのか。
子供の自分にはわからず、表現もできず、
ただ心を痛めていました。

世間とのリズムも合わなかったようで、
母親から「あなたは のん気すぎる。」と よく叱られていました。



大人になるにつれ、フワフワはだんだんと少なくなり、
子供の頃よりは変わってきました。

無意識のうちに 人を励ましていたり
人に嫌な思いをさせないように動いたりしており、
気が付けば周りの人から人生相談を受けたり
悩みに対してアドバイスする事も多くなりました。

…が、
自分の内面で起こる感情の起伏に苦しむようになりました。

とことんネガティブになり、落ち込んだり
怒りが沸き上がって抑えられなかったり。



表面と内面、自分のバランスを取るのが大変で、
家族にも感情を思いきりぶつけて
自己嫌悪に苦しんだり。
人から言われた言葉に振り回されたり。

この辛さはどうしたらなくなるの?
という気持ちで、

セラピー、
心理学、
人智学、
食の事、
体の事、
心と体の繋がり
…などなど、
いろんな事を学びました。



カウンセリングやセラピーなどをいろいろ受けたりもしました。

その中で知ったのは、
自分が真っ白で無くなってしまうほど
周りに合わせた自分像を作り上げていたということ。



素の自分はどう感じているのか…
大人になるにつれ、本来の自分からどんどん遠ざかり


恥ずかしくて、醜くくて表に出せない
(と思い込んでいる)素の自分

こころの内側にギュッと小さく閉じ込めて
世間に合わせた一般的に恥ずかしくない
(と思い込んでいる!)自分

無意識に造り上げていたのです。

ここから、私にとって 自分を知る旅が始まり今に至ります。



大きな学びもありました。
本来の自分であれば、自分で自分を癒せるし、
なにげない生活の中でたくさんの学びが見つかる
ということ。

そして、本来の自分であるために、
自分を知る。ということが
とても大事だということを知りました。

そして、様々な方とお話していく中で、
自分と同じようなこころで 悩んでいる人
自分の感情で苦しんでいる人
変わらないからと諦めている人

たくさんいるのだと気づき、
自分の経験の中からの学びを
ここには書ききれない些細なことも含め
お一人お一人に合わせてお伝えするようになりました。



本来の自分の、こころの声を聞く。
これが大切な感覚になります。

今だから分かるのですが、
その こころの声は
世間体に合わせたり、
積み重ねてきた思い込みなどで
簡単に歪んでしまいます。


こころの声を真っすぐ純粋に聴くためには
自分を知り、まるごと受け入れること。
そしてこころが穏やかな状態でいること。

これがとても重要だと感じています。



私には、特殊な能力はありません。
だからこそ、
苦しんだり、悩んだり、もがいたり。

辛い中からも
どう受け止めたらいいのか、
模索したり、考えたり
行動してみたり
行動して失敗したり、
恥ずかしい思いをしたり。


そんな中から、たくさんの
気づいたことや感じたことがあります。


最初から分かっていたり
出来ていたら
経験できなかった感情。
外からは分かりませんが、
自分の中では次々と湧いてくる
たくさんの感情を味わいました。


そのおかげで、
いろんな方の、いろんな感情に
共感(エンパシー)できるようになりました。



たくさん経験した感情の中から、
気づきの中から。
自分を知ることの
お手伝いをさせていただきます。



私にとって、感情の起伏で苦しんで 学んできた経験は
必然な事、つまり宇宙からのギフトだったのだと思っています。


生きている限り、学びは続きます。

まだまだ私自身の、知らない私が待っている。
だから 学び続けながら、
気づきを見つけながら、
お伝えしながら、進んでいます。


〜私の知らない私〜

目に見えないものを感じられる
(オーラの色が見えたり)
そんな方から ある時、


『しのさんにお会いするといつも
小川のせせらぎのような音が聞こえるんですが、
どうしてでしょうか?』
と、
尋ねられたことがあります。


これを聞かれたのは ずいぶん前のことで、
いまだに理由は分かりませんが
私自身、川のせせらぎを聞くのが大好きです。


川には浄化の作用があります。
せせらぎの音にも、こころを癒す効果が。


私に会って、ココロすっきりする方は
もしかすると、私から聞こえる
小川のせせらぎを感じて
浄化されているのかもしれません。


☆画家としての活動☆

ウェルカムボード
サークル看板
挿し絵作成
ポストカード・年賀状イラスト作成…など。


ポストカード「平和」

サークル看板

ウェディングウェルカムボード
ウエディングウェルカムボード

似顔絵
似顔絵での挿し絵

ポストカード「ありがとう」

イラストをご希望の方は お気軽にご相談ください。
ご依頼についての詳細は、
《ご依頼について》のページをご覧ください。
    


   
上へ戻る    


プリミティブのこだわり


教室では、自然な会話の中で、
『ソウルヒーリング』
を行っています。



ソウルヒーリングは、
本当の意味での魂の癒し
です。

これは、一般的なスピリチュアルヒーリングとは違って
あなたの苦しみそのものを
取り除くということではありません。



あなたの苦しみ。
それは、ご自身の『カルマ』というものになります。



実はこの『カルマ』とは、
あなたが生まれてくるときに
自分で乗り越えると決めてきたものなのです。


なので、ご自身でそれに気づき
克服していくこと
とっても重要だということです。



プリミティブでは、
苦しみの中にある状態でも
前向きな考え方をできるように。
たましいが輝く方へ向かっていけるように。

ご自身でカルマを乗り越える
お手伝いをしていきます。


進み方はお1人ずつみんな違いますし、
今までの考え方を180度
変えなくちゃいけない場合もあります。


変化には自分の努力が必要で、
コツコツと、積み重ねるように進んでいく事になります。



どのように歩いたらいいか。

あくまでも自分で進むための
アドバイスをしていくのが
プリミティブでの時間です。



正直、教室へ来ていただいて
一度で大きく変わることは望めません。

『変わる』ということは、
今まで積み重ねてきただけ
時間がかかるとも言われています。
(もちろん、個人差があります)



しかし、今から変わる事を始めるのと
何もしないのでは
1年先、3年先、さらに先・・・
違う未来になると思いませんか?


自分でコツコツと積み重ねた結果は
その時だけ癒されるセラピーとは違い、
あなたの唯一無二の宝物になるはずです。




結果として、
生きるのが楽になったり
カラダの不調が治ってしまうこともあります!

(こころとカラダは繋がっていますので)



時間をかけて、でも確実に。

あなただけが持っている
あなたが輝くための種を
発芽させるお手伝い。

本当の意味での
たましいの癒しを感じていただくことを
こだわりとしています。



・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・

プリミティブという言葉に出会ったのは
好きな漫画の物語の中でした。
主人公の女の子が言う
『プリミティブって なんだか田舎の…小さい赤い木の実ってカンジ。』
というセリフが大好きで。



プリミティブの意味は 『素朴』『自然のまま』なのですが、
その女の子は
『日本語じゃダメね かわいいカタカナでなきゃ』
と、言うのです。

なんとも表現しきれないのですが
この女の子の感じ方がとても素敵と感じました。
そして、この言葉を拝借することにしました。

私の中では、『プリミティブ』という響きは
本来の意味よりも
≪田舎の小さい赤い木の実≫
というイメージの方が大きくて

手こころ教室プリミティブに来られた
お一人お一人のこころのなかに、
この田舎の小さい赤い木の実。
小さくて いとおしくて 大切にしたい
そんな想いを持って帰ってもらえますように。



プリミティブという名前には、そんな気持ちも込めています。

手こころ教室の紹介



上へ戻る    

© 2018 手こころ教室プリミティブ